いろは動物病院の診療方針

診療方針  

当院では地域の皆さんに可能な限りの獣医療を提供していきたいと考えています。一般的な問診・触診や聴診の上、必要と思われる検査について、『なぜ必要なのか』や『その検査にかかる費用』といった事を説明させてもらった上で、実施していきたいと思っております。

実際に来院していただく患者さんのうち、ほとんどのケースは、当院での診察・検査・処置・手術でカバーできてはいます。しかしながら、ごく少数の患者さんにおいて、いわゆる難病を疑うケースが存在します。近年は、医療技術が向上するにつれて、人間医療同様、動物医療も分業化され専門分野化(例えば整形外科、消化器内科、内分泌科、眼科など)されてきています。その中で私は、再生医療分野について専門的な事を学び博士号を取得しました。専門的な分野を勉強するにつれて感じた事は、『現実世界にブラックジャックは、そうそういない。』という悲しい事実です。

例えば、『CT(レントゲンのすごいやつ)写真を撮って診断、治療する』という、人では一般的な治療に何人の専門家が必要でしょうか?

『CT写真を撮る検査技師(機械を動かす人)』
『撮った写真から病気を見つけ出す放射線科の医師』
『見つけ出した病気を治療する医師』
さらには、見つけ出した病気が、
『脳の腫瘍なら脳外科』
『取り出せない腫瘍なら腫瘍内科もしくは放射線科』
『骨折なら整形外科』
『心臓の病気なら心臓外科』
きりがありません・・・

そしてそれらすべてに最先端の領域があり、莫大な知識が必要です。知識が不足していれば、『写真は撮れたけど病気を見つけ出せない』とか『機械はあるけど、写真が上手に撮れないから診断できない』といった困難に直面します。

もちろん、すべての分野に精通している事が望ましいと思います。また診断や治療のための特殊な医療機器(例えばCTやMRI)は、設備を置く場所や機器を操作する技師、写真を読み取る専門家が必要ですが。しかしながら現在のところ、当院ですべての分野の最先端医療技術や情報をカバーする事は、残念ながら不可能です。そこで当院では、診察の結果、より専門的な検査・対処が必要と判断した場合には、飼い主さんと相談の上、病気にあった専門病院への紹介を提案していきたいと考えています。もちろん適切な専門病院を責任もって紹介させていただくため、学会や書籍から確かで新しい医療技術・知識の向上に取り組んでおります。(知識がなければご紹介もできませんので。)

ほとんど多くのケースは、当院での診察・検査・処置・手術でカバーできてはいます。しかしながら、ごく少数の患者さんにおいて、いわゆる難病を疑うケースが存在します。その場合、なんでもかんでも、すべて当院で抱え込んで治療するのではなく、『まずは相談しに行ってみる病院』として、地域の皆さんに利用してもらい、そして場合によって(難病の場合に)は、関西および日本全国に点在する専門病院への窓口なのだと、考えて診察させていただくつもりです。

同じ病気の予防や治療でも、その子の体調、性格、生活環境などに合わせてよりよい方法を考えていきたいと思っています。小さな心配ごとや不安、質問などでもお気軽に来院してください。